デジタルサイネージとポスターの違いとは?〜入門編④

デジタルサイネージとポスターの違いとは?〜入門編④

デジタルサイネージとポスターの違いについて説明していきます。

デジタルサイネージもポスターもどちらも同じような使い方をすることがよくあります。それは、両者ともアイキャッチとしての役割があるということが大きな理由でしょう。多くの人に見てもらえるよう、注目を集められるようデザインに工夫をしますよね。

一方両者の大きな違いは、ポスターは静止していますがデジタルサイネージは動くということです。

ポスターはアイキャッチとして見た人の注意を引いた後、さら近くでポスターを見てみると、細い情報が掲載されていることに気づきます。そしてポスターを通じて様々な情報を入手することができるでしょう。しかし、デジタルサイネージの場合、コンテンツが移り変わっていくため、同じコンテンツを長時間分析することはあまりできません。そのため、デジタルサイネージには掲載されている情報の量が少なめで、あくまでその情報のヒントだけが記されている場合が多くなっています。デジタルサイネージは情報のヒントを与えるものであり、詳細はモバイルやwebサイトに続いているようになっているのです。つまりデジタルサイネージは、ポスターよりコンテンツが少ないため、よりアイキャッチとしての役割が強くなっていると言えるでしょう。

 

次に両者のコスト面を見てみましょう。

ポスターの場合は、一枚一枚に印刷コストがかかります。デジタルサイネージの方は初期投資はかかりますが、ネットワーク環境があれば一つ一つのコンテンツにかかるコストは抑えることができるでしょう。そうすることで、全体としてコスト削減できる場合もあります。

将来的なコストを考えると、ポスターのような紙媒体は今後さらに印刷に伴う材料費や人件費は高くなっていくでしょう。また、持ち運ぶ際の運搬に費用は発生してしまいます。一方、デジタルサイネージの場合はこれから先もっと低コストで運用できると予想されています。ですから、長い目で見てポスターからデジラルサイネージに変えることをお勧めします。

About the Author: